村崎義正を楽しもう[その2]

猿まわし復活・・・調教法確立の業績

 お猿さんに芸をつけること、調教法は闇に消えかけていました。周防猿まわしの会が結成されたことで調教法は姿を現し、誰もが応用できる技術として確立されました。あの時、調教と無縁と思われた村崎義正が自ら行動し検証しなかったら猿まわしの芸は復活し残らなかったでしょう。

 義正は重岡フジ子さんから真髄を学び即座に応用、かつての諸先輩が驚くような画期的な方法まで高めました。そして義正は調教法を周防猿まわしの会だけの財産にせず広く公開しました。猿まわしの芸が二度と消滅することがないことがないよう願ったからです。そのことを語る人は今でも少ないですね。そのことを曲げて自分の手柄にしたり、ありもしない方法で世間を欺いたりといろいろあるのは世の習いですか。どんなに曲げようとも義正がなした業績は不動です。

 重岡フジ子さんもすごい方ですね。現役を引退して元気に過ごしておられますが、我々が舞台に挑むたびにフジ子さんの姿勢や芸がそのエキスとして伝わっていることを実感するのです。不肖の我々が曲がりなりにも猿まわしの芸を提供できるのは義正やフジ子さんのしっかりとした土台がしっかりとしていたからですね。