すばやいお猿さん

 調教師の合図や言葉を聞いてお猿さんは芸をするわけですが、すぐに反応しないときれが悪くて、間の悪い締りのない芸になります。

 弱肉強食の激しい自然の中で生きてきた日本猿は、 合図を受けてから0.1秒、0.2秒のわずかな時間で反応します。拍手喝采の芸はこうしたお猿さんのすばらしい能力から生まれています。