げんき・あすかコンビ

 あすかは2年前に高校を卒業し周防猿まわしの会に入門。実直で飾らない性格とその生き方は今ではめずらしいタイプの調教師見習いかもしれません。

 寝坊をして朝の仕事に遅れることもあるけれど、どんなに苦しかろうが調教の壁が厚かろうが「一度もやめようと思ったことはありません。」と断言する信念の人です。なかなか涙は見せない あすか ですが、お猿さんが成長する姿を見せた時や、自分の指導が遅れて調教が前に進まない時に、涙もろい一面を覗かせます。

 げんきは小さい頃、両手の指を横に断裂する大怪我をしました。調教や舞台は絶望との時期もありましたが克服、驚異的な回復を遂げ、あすかとのコンビ結成後めきめき成長し、このたびデビューにこぎつけました。ただし、まだ指は伸びません。挨拶や手を上げる芸では指は綺麗に伸ばせないけれども、またそれがかわいいのです。

 がんばれ!げんきとあすか!