「美しい猿ですね」

 よくこの言葉をお客様からいただきます。大変なお褒めの言葉ですから今後も努力を続けます。

 毛並みや姿勢、立ち居振る舞いなどからそのお猿さんがどのような生活(飼育)をしているかわかります。バランスよく栄養を取っているか、カロリーは十分か、運動はしているか、ストレスを溜めない努力がされているか。どんなにかわいがっていると思ったとしても実態が逆ならお猿さんは美しくありません。「日頃往生」という言葉の通りです。「美しい猿は一日にして成らず。」

 けれども、過保護にすることはありません。飼育の基本を守ってあげれば、お猿さんは自然に美しくなります。それが自然の力なのではないでしょうか。阿蘇や河口湖猿まわし劇場のお猿さん達は芸だけでなくその美しい姿も自慢です。