山口県美東町で勘平が大ハッスル!

5月18日は親鸞聖人様がお生まれになった日ということで、山口県美東町にある浄土真宗のあるお寺様が、毎年お祝いの行事をされており、今年初めて、猿まわしを呼んでくださることになりました。今回、勘平がそのお祝いの猿まわし公演に行きました。のどかな山間にあるお寺に着くと、勘平は仕事を忘れ美味しそうに草を食べて大喜びです。 猿まわし公演の時間が近づくにつれ、子供達を乗せた車がどんどん駐車場に入り、駐車場がパンク状態になりました。
前には子供達がいっぱい座り、その後ろの椅子にはお年寄りの皆さんがたくさん座られ、会場は熱気ムンムンでした。

公演始まると、ステージの横の窓から見える山の風景が勘平はどうしても気になり、芸の合間に姿勢良く、じーっと外の風景を眺める勘平に会場が笑いに溢れていました。猿まわし公演の後の恒例もちまきにも参加させていただいて、自然も満喫しながらのいつもとちょっと違ったお仕事に嬉しそうな勘平でした。

お寺の方から、カゴに入ったバナナとリボン付きのヤクルトいただいて勘平これまた大喜び!

「美味しかったー!ご馳走様でした」(勘平より)

勘平・新八コンビ

勘平・新八コンビ