チョロ松没す

初代チョロ松(SONY ウォークマンCM)

 昭和62年、ソニーウォークマンのCMに出演し、「瞑想する猿」として皆様ご存知の、初代チョロ松が平成19年1月14日未明、引退後を過ごしていた熊本県南阿蘇村にある「阿蘇お猿の里・猿まわし劇場」にて老衰のため亡くなりました。

 享年29歳。

 CM放送と同時に美しい立ち姿勢と、うっとりと音楽を聴く表情が「進化した人を連想させるたたずまい」と言われ、一躍人気者になった初代チョロ松は、平成2年に芸猿としては現役を引退、阿蘇猿まわし劇場にて静かに余生をおくっておりました。29歳8ヶ月という年齢は人間に置き換えると100歳にもあたり、長生きをして天寿を全うしてくれました。

 1月15日に阿蘇猿まわし劇場内において弔いをし、荼毘に付します。

 なお、初代チョロ松とコンビを組んでいた村崎五郎は、現在三代目チョロ松と山梨県富士河口湖町にある「河口湖猿まわし劇場」を中心に舞台に立っております。村?五郎は14日早朝、河口湖猿まわし劇場にて訃報を知りました。

 引退後もなおチョロ松へのお問い合わせをたくさんいただき、ソニーウォークマンのCMに対しては動物が出演したCMとしてはインパクトも強く、事あるごとに話題に上ってきましたので、訃報をお伝えすべきだと考えました。以上、皆様にお知らせ申し上げます。

平成19年1月14日