猿まわしの由来

阿蘇猿まわし劇場

 猿まわしは日本列島に千年続いてきた最古の伝統芸能です。

 この芸能の不幸は、古の支配権力者によって馬屋のお祓い(馬を病気から守るための祈祷)を本業とみなされ、底抜けに楽しい芸は余興としか位置付けられなかったことです。そのため人々の集う神社仏閣の祭礼や縁日などで興業の場が与えられませんでした。しかし、近世の記録によると朝廷徳川幕府、諸大名は正月に猿まわしを呼んで馬屋のお祓いをさせた後、特設舞台を設け、初笑いに興じてます。猿まわしたちはこの芸能をなんとか大衆的なものにしていこうと努力しましたが、ことごとく退けられ、しがない大道芸として命脈をつないでゆく以外ありませんでした。

 明治維新では江戸を中心にして諸国にあった猿まわしがことごとく消滅、山口県光市浅江の高洲地区を中心にした東部地域(旧藩政時代・周防の国)にのみ残り、明治大正昭和の初期、隆盛をみます。大正の最盛期には、高洲地区には百五十名もの猿まわし芸人がいました。芸人たちは親方から賃金の前借をし、十人二十人と組を作って全国に散り、五月の中旬から翌年の三月まで丸々十ヶ月もの旅を続けて国民に楽しい芸を提供しましたしかし、親方の搾取と辛くて厳しい旅行きは猿まわしたちを地獄行きだと嘆かせ、次第に消滅への道をたどり始め、第二次大戦後、数名の人たちによって残されてきましたが、高度経済成長期・車社会の到来によって大道から追われ、昭和三十八年に消滅しました。

 現在の猿まわしは、昭和五十三年猿まわしの家に生まれ育った村崎義正が市会議員の職を投げ打ち、若者たちと共に復活したもので、国民のレジャー志向マスコミや高速道路網の発展の追風を得て猿調教に科学的新風を吹き込むことに成功し、瞑想猿のチョロ松などの名優を育て猿まわしブームを生み出しました。浮き草家業でなく、大地に根を張り、自前の劇場を持ちたいと言うのは猿まわし千年の悲願でした。それがこの様なかたちで実現したのです。雄大な阿蘇の恵まれた大自然の中で底抜に楽しめる日本の伝統芸能としていついつまでも残してゆくための一歩をいま踏み出しました。